疾患のある人がインプラント治療をする場合 vmousetrap.com

疾患患者はインプラント治療が可能か


疾患のある人がインプラント治療をする場合
トップ » クリニック » 疾患患者はインプラント治療が可能か

Contents

運営者情報

身体的な要因でインプラント治療が出来ない

インプラント治療は、歯茎を切開して、歯槽骨を露出させ、ドリルを使って穴を開け、人工歯根構造体を埋め込む治療方法です。麻酔等を使う事からも、全身疾患を持っている場合など、身体への負担があるため、身体の状態によっては治療が難しいと判断されることも有ると言います。この治療では感染症と言う病気へのリスクが有ると言います。

感染症を引き起こす事でインプラント周囲炎と呼ばれる歯周病のような感染症を引き起こすのです。身体の免疫力が弱っている人や抵抗力が低下している糖尿病の人などは、感染症を引き起こしやすいと言います。また、糖尿病の人は、手術中に感染を起こし、化膿を引き起こしたり、顎の骨と人工歯根が結合しないなどの結果に繋がる事もあります。更に、治療中のストレスにより血糖値に変化が起きやすくなり、高血糖、低血糖の状態に陥るリスクが多くなるのです。

但し、糖尿病だから治療が出来ないわけではなく、医師の診断により治療が可能になる事も有るのだと言います。心臓の病気を持っている場合などでは手術中に発作を起こす可能性が有ると言います。尚、糖尿病や心臓の病気、その他の疾患を持っている人はそれぞれの主治医に相談をしてみることが大切なのです。